Okawa spirit

技術の大川がエコと未来を切り開く。

大川家具の職人

大川の家具作りは、あらゆる職人がいてはじめて可能になります。
木工の職人、塗装の職人、木工機械の職人、この職人の幅の広さと層の厚さが大川の家具を作り出しています。

img_08

木工の職人

彫る

「木あじを出す」木の持つ表情を豊かにするために刃物を入れる。木目の美しさと荒らした木端(こば)の調和が絶妙な味をだしています。

引き出し

鉋(かんな)一枚0.1mm以下の削りで、引き出しを箱に合わせる。本来引き出しは後から箱に合わせてひとつひとつ調整するものです。

画材付け

「目より手」職人の精密なセンサー、手でものを見る。0.01mmの差は見ても判らないが、手は見分けられる。刃物の研ぎも、材の見極めも、仕上げも目と手で判断するのです。

部品見本

「図面じゃわからん。」刃物の組み合わせが複雑な部品は、図面では表せない。冶具と同じように部品見本の制作と管理は重要です。

研ぎ

「桐用鉋の刃先角は違うよ」。柔らかい桐材を削る鉋の刃先角は小さく研ぎます。
自分の道具は自分で仕立てて自分で手入れする、だから作るものが違えば道具も違うのです。

木取り

「木を読む」。節、割れ、アテ、木目、すべての情報を荒材から読み取り、ロスの無いように木取りをするためには、長年の経験と勘が必要になります。

塗装の職人

調色

「材が変われば、色も変わる。」素材のバラツキをなくし、美しい木目にする着色。微妙な色調を出す為には、職人の勘が必要になります。

吹付け

「仕上げによって圧と粘度は違う。」美しい木目に仕上げる為には、塗料の粘度と吹付けの空気圧調整が大事。木と塗料、どちらも熟知していなければ良い塗装はできません。

木工機械の職人

CADのデータを基にNC(数値制御木工機械)の制御プログラムを制作。木を削るのが手による刃で削るのか、機械の刃で削るのか、いずれにせよ木の性質を熟知していなければ美しく加工することはできません。刃をどの角度から入れてどちらに逃がすかなど、機械に職人の技をプログラムします。それにより精密な数値制御の機械を使って、複雑な加工を必要とする部品を作ることができるのです。複雑な加工を可能にする高度な技を持つ機械も、木を知り尽くした職人によって制御されているのです。

木材は「生きている」

「アテにならない」という言葉があります。アテにならないの「アテ」とは、傾斜地等に生えている樹木の曲がった部分を言います。
この部分は木目が複雑な形をしており、製材するときれいな仕上がりの木材が得られます。しかし、しばらく置いておくと、歪みや反りが生じて、建築用には使い物にはならなくなります。このような性質から「アテにならない」という言葉が生まれました。このような木材の基に戻ろうとする力や性質に対応する為に、技術が伝承されてきました。木材の年齢を見ると南側の方が間隔が大きく、北側が詰まっていることが分かります。このような木目を読み取り、木の曲がるクセを読んで、どう使うかを決めます。生きている木の「言葉」を聞き、活かしてやることで木材を活かすことができるのです。