Eco

地球にとって深刻な問題を真剣に考え、取り組んでいます。

日本は世界有数の森林国

日本は資源が乏しいといわれますが、国土の三分の二が森林で覆われている木の国です。過去数十年の間、森林の面積は変わりませんが、木材資源が不足している時に植えた人工林が収穫する時期であるにも関わらず、放置された状態になっています。放置された森林は、木の機能を発揮できず、台風等の被害を受けたり、大雨等によって土砂災害を起こしやすくなり、また温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収する働きも低下します。国産材、間伐材などを計画的に利用、国内の森林の健全な成長を促すことは地球温暖化防止に効果があると期待されています。加えて、地域の産業活性化やカーボンマイレージの減少なども期待できる「地域産木材利用」「木材の地産地消」にも関心が高まってきています。

img_07

間伐材の利用

木々が成長してくると、枝葉が重なり合うようになります。この状態では枝葉を広げられず、お互いに成長を阻害してしまいます。そこで一部の木々を抜き取ることで枝葉を広げる空間をつくります。残された木はより多くの光を受け、健全に成長することができるのです。このように木々の一部を間引く作業を「間伐」といいます。間伐を行うことで、価値の高い木材を生産できますが、間伐には当然ながら費用が必要です。しかし安い外国産木材に押され、日本では国産材や間伐材に需要がなく、その費用が捻出できていません。その為、間伐できずに放置された森林が残されています。当社では国産の間伐材を利用することで間伐を促進、優良な国産材を確保すると共に、地球環境を考えた取り組みを行っております。

img_04

エンジニアリングウッド

木材を伐採して製材した後には、半端な木材や破片が残ってしまいます。また木材は品質にバラツキがある為、同じ性能の木材を多く使いたい場合など、なかなか木材が集まらず、その為価格も上昇しています。
そこで資源を有効利用し、かつ品質を一定にする為、「エンジニアリングウッド」という技術が発達しています。「エンジニアリングウッド」は、合板、集成材をはじめ、様々な種類があり、主に接着材を用いてつくられる木質系材料の総称です。
今後、伐採、使用、再利用、廃棄といった大きな流れをつくって大切な木材資源を有効に使うことが重要です。木材を残さずに使い切ることができれば、その分、環境負荷を低減することが可能になるのです。

img_05

学校環境衛生基準に対応

「学校環境衛生の基準」の改定に際して、これまで建材・建築物のみを問題にしていた「シックハウス」の考えが、校舎内で使用される備品(机・椅子・コンピュータ等)や、日用品(パラジクロロベンゼン=トイレボール)にまで及び、「シックスクール」の考えが広まりました。
私たちは、自然環境はもちろん、学校環境も見据えたモノづくりを行っていきます。

img_06